いぼの手術内容を確認【医師に相談できちゃう】

いぼの手術内容を確認【医師に相談できちゃう】

デコルテ周りのいぼ治療

医師

デコルテや首周りなどに出来る小さないぼは、自分自身でケアを行うことは難しいため美容整形外科を利用して炭酸ガスレーザーを利用した手術を行うことで一度に複数のいぼを治療することが可能です。

More...

いぼの治療方法

看護師

美容整形外科でいぼ治療を行う方法

頸部を中心に小さないぼが複数出来てしまっている方は主に30代以降の女性に多いといわれています。皮膚が薄くデリケートな顔や頸部、デコルテを中心に、下着による摩擦が起こりやすい胸元などもいぼの症状が出やすいでしょう。いぼの原因には小さな傷口からウイルス感染をしてしまうことでどんどん増えてしまう場合と、老化によって肌のターンオーバーが正常に行われずに古い角質が肌の表面に蓄積してしまっている場合など原因が異なってきます。小さないぼは通常良性の腫瘍に分類されるので、特に除去する必要はなくそのまま放置しても良いのですが、やはり見た目が良くないことや老けた印象を周りに与えてしまうことから治療を行う方が大半です。そこで治療を行う方法として通常の皮膚科で受ける保険診療内の治療と、美容整形外科で受ける自費診療の治療の中から自分にあった方法を選んでケアを受けることが重要です。どちらにもメリットとデメリットがあり、治療にかかる期間や費用、仕上がりを把握しておくと自分にあった治療方法を見つけることが出来ます。まず費用をできるだけ抑えて近くの皮膚科で治療を行いたいと思っている方は、保険診療内で受けられる液体窒素を用いた冷凍凝固法の治療がおすすめです。液体窒素を含ませた綿棒の先をいぼに当てて、皮膚細胞を低温やけどの状態にして壊死させます。時間と共にいぼは黒く収縮していき最終的にかさぶたとなって約2週間程度で綺麗に剥がれ落ちます。かさぶたが取れるまで時間がかかりますが、保険適用で数千円で治療が行えるので初めてケアを受けるという方でも手軽に受けることが出来るでしょう。しかし、治療の際に痛みを感じやすい場合があるため注意しましょう。また、液体窒素を利用した治療はいぼ周辺の皮膚に色素沈着を起こす可能性があります。肌への負担を減らしつつ、短時間でしっかりいぼ治療を行う方法として、美容整形外科のレーザー手術が挙げられます。いぼにピンポイントでレーザー手術を行えるので、肌へのダメージを最小限に抑えられます。レーザー手術の流れとしては、まず美容整形外科で問診票を記入し、希望する治療内容に合わせて専門の医師の元でカウンセリングを行った上で、実際に手術を行います。イボ治療の手術は日帰りで行えることや、肌への負担も少ない軽い施術のため受信したその日のうちに治療を受けることが可能な場合がありますが、大手のクリニックで予約が必須な場合は事前予約を行う必要があります。

いぼ改善できれいな首元

カウンセリング

いぼのない綺麗な肌は、多くの人の憧れです。美容整形外科では様々な治療法があります。皮膚へのダメージを考えて選んでいきましょう。また、場合によっては一度で治療を済ませられます。

More...

医療機関でいぼのお手入れ

顔を触る人

何度も再発を繰り返すいぼの治療は、一度に原因となるウイルスが残る部分も一気に除去出来るレーザー手術を行う美容整形外科の利用がおすすめです。医師によるカウンセリングを通して自分の肌質にあった治療を受けられるメリットがあります。

More...

老化性いぼのケア方法

ナース

年齢を重ねると首や顔にできてしまう老化性いぼは、見た目も美しくないため美容整形外科でレーザー手術を受けることで除去を行う方法が人気になっています。治療にかかる時間も短縮され忙しい方も安心です。

More...