いぼの手術内容を確認【医師に相談できちゃう】

老化性いぼのケア方法

ナース

老化性いぼの治療で首元を綺麗に

30代以降になると肌のターンオーバーが若い頃に比べて正常に行われにくくなるため、肌表面に古い角質が蓄積するなどして肌にくすみやゴワつきが起こりやすくなる傾向があります。顔の場合はピーリングケアなどを行って綺麗に古い角質を除去してあげることが重要になりますが、首周りやデコルテ周辺は皮膚が薄く刺激に弱いです。そのため、無理にピーリングなどを行ってしまうと肌荒れを引き起こす危険がありますし、刺激を与えることで老化性のいぼが出来てしまう可能性があります。老化性いぼは良性に分類されるため、そのままにしておいても健康上は特に問題はないですがいぼを放置しておくとどんどん増えてしまい、見た目も悪く老けた印象となってしまうので医療機関で手術を受けて切除を行う方法が一般的です。ただ医療機関によって受けられる治療方法は異なり、通常の皮膚科の場合は液体窒素を利用していぼの皮膚細胞を壊死させることで除去する方法を利用しています。液体窒素を利用する治療方法は、保険診療内でいぼの数に合わせて費用が変わりますが、処方薬を含めても全て保険診療内なのでリーズナブルな価格で治療を受けたいという方に向いています。ただ、液体窒素は皮膚に低温やけどを与えて除去を行うため、皮膚に一時的にダメージを与えて無理にかさぶたにします。治療を行う医師の技術が良くないといぼが全て取りきれずに残ってしまったり、色素沈着を起こして完治後も跡が残るなど様々な肌トラブルが起こる可能性があるでしょう。確実な治療を希望する場合は、炭酸ガスレーザーを利用したレーザー手術が人気です。炭酸ガスレーザーを利用した手術は、主に美容皮膚科や美容整形外科など美容治療をメインに行う医療機関で受けることが可能です。保険診療外の自費となりますが、治療時間の短縮や肌への負担が少ないことから女性に限らず男性にも支持されている手術方法です。手術の流れは、まず症状を確認するためにも医師に直接いぼが気になる部位を診察してもらい、医療レーザーを肌に使用しても大丈夫かパッチテストを行った上で本格的に治療を始めます。肌質や肌のコンディションに合わせて適切な処置が受けられるのも幅広い方に支持されている理由となっています。レーザー治療は一度の来院でほぼ首周りに出来てしまった老化性いぼを除去することが出来るので、普段お仕事をされている方で何度もクリニックに通う時間が取れないという方や、短い期間で綺麗にする方法を探している方にとって適切な治療法なのです。