いぼの手術内容を確認【医師に相談できちゃう】

いぼ改善できれいな首元

カウンセリング

首周りに出来る小さないぼを綺麗に治療

女性にとって年齢を重ねてもいつまでもきれいな自分でいたいと思っている方はとても多く、普段からスキンケアをはじめファッションやメイクなどにも気を使っている方が増えてきています。しかし加齢による肌の老化は自分自身で行える対処には限度がありますので、首周りやデコルテなど体の中でも特に皮膚がデリケートな部位は、衣服やアクセサリーによる摩擦や紫外線によるダメージを蓄積して小さないぼが出来やすくなっている方も増えています。首周りに出来るいぼには様々な種類があり、老化によって古い角質が蓄積されてしまうことで出来る老化性のタイプから、小さな傷からウイルスに感染して出来てしまうタイプなど原因は異なるため、自分で判断し無理な自己処理を行うよりも、まずは皮膚科や美容整形外科など医療機関で医師に診てもらうことがとても重要になります。いぼの治療方法は手術によって直接除去する方法と、処方薬を出してもらい内服や直接塗る薬を利用することが出来ますが、一般的には皮膚科で液体窒素を利用した冷凍凝固法が利用されることが多いです。液体窒素を含ませた綿棒を利用しいぼに直接押し当てることで皮膚を低温やけどの状態にする方法です。冷たい液体窒素によって皮膚細胞が壊死してしまうとかさぶたとなり皮膚が黒く収縮するので、治療を行ってから約1週間から2週間ほどで自然にかさぶたが剥がれてきれいな状態になります。その時点でまだ皮膚にいぼが残ってしまっている場合は再度同じ治療を行うので、症状によっては何度も繰り返し皮膚科に通う必要があるため時間をかけずに完治させたいと思っている方には時間がかかってしまう恐れがあります。また液体窒素を利用した治療は、いぼ周辺の皮膚にもダメージを与えやすいためいぼが綺麗に除去出来た後に色素沈着による跡が残りやすくなる特徴もあります。そのためきれいな素肌を手に入れるためにも肌への負担が少ないレーザー手術を行っている美容整形外科を利用することをおすすめします。美容整形外科では美容に関する様々な治療を受けることが出来る特徴があり、特に老化による肌トラブルを改善する治療が特に人気になっています。通う世代も様々なので美容治療に踏み切れないと感じている方もまずは相談をしてみることで自分にあった適切な治療を医師から提案してもらえるので人気が高くなっています。レーザー手術でイボ治療を行うと、液体窒素に比べてその場でいぼを全て取り除く短時間の手術で済むことや、一度の来院でほぼ治療を終えることが出来ます。